ハチ駆除は専門業者が確実~スミズミまでネズミ退治~

毒エサで対策

屋外からのゴキブリの侵入を防ぐ

insect

ドラッグストアやホームセンターには、ゴキブリ対策の様々な商品が並んでいます。ゴキブリによって持ち込まれる病原菌に人間が感染する可能性があり駆除の対策をする必要があります。ゴキブリが外から侵入してくるのを防ぐ為の対策を挙げていきます。キッチンや洗面所には床下の点検口があります。この周りに毒エサ剤を数個置いていきます。毒エサ剤とはホウ酸や薬剤等の成分が含まれたエサでおびき出して食べさせる設置型のものです。外に置いてあった植物にはゴキブリの卵が付着していることがあるので、家の中に持ち込まないようにしましょう。外から運んできた段ボールにゴキブリの卵が付着している場合やゴキブリは段ボールを好んで住みかにする習性があるので処分するようにします。通風口や換気扇、エアコンのホースにはネットや防虫効果のある網、フィルターを使用して塞ぎます。その他隙間があればコーキング剤や隙間テープで使って塞ぎます。

屋内の状況に応じた対策

次は家の中の対策についてみていきましょう。ゴキブリの糞が落ちているそれぞれの場所に毒エサ剤を同じタイミングで1度に置いて下さい。毒エサを食べたメスのゴキブリが卵を抱えていた場合は、卵にも薬剤の効果があります。頻繁に見かける場所にも毒エサ剤や粘着式のわなを置きます。家の中の隙間にはコーキング剤や隙間テープで塞いでしまいましょう。コーキング剤は、ゴキブリ対策用の薬剤入りのものを使用すると効果的です。害虫駆除用の燻煙剤で煙が出るタイプは、隅々まで煙が行き届きやすいので家具と家具の間等の隙間が多い場所に使用します。噴射型の煙が出ないタイプは、薬剤の煙やにおいが残らないので手軽に使えます。部屋の状態に合わせて使い分けると良いでしょう。エサとなる食べ物を放置したままにしないことも対策になります。最近は飲食店以外の一般家庭でも、ゴキブリ駆除を業者に依頼するケースが増えてきています。徹底的な駆除と侵入口を塞ぐには、相談することをお勧めします。